修学旅行の狙いは

団体旅行として修学旅行があります。この修学旅行は小学校からあり、それぞれの年代に応じた想い出がたくさんあるようです。
小学校は1泊2日が一般的のようですが、中には2泊3日という私学系の小学校もあるようです。中学校は2泊3日が一般的のようです。中には海外にも行く中学校もあるようです。高校はハワイにも出かける高校もあり、国際化の時代を反映しているようです。

最近の修学旅行で特徴的なのが、体験型の修学旅行です。今までのように、観光地への修学旅行ではなく、農村部や漁村部などへの旅行が目立っています。そこで一緒に収穫をしたり、魚を獲ったりと体験をしています。
それから地元の文化や風習に触れ、その儀式や踊り、料理などを一緒に作り上げ、学習体験する部分が増え、実りの多い修学旅行となっているようですね。

核家族化が進み、今の学生を中心とした若い人たちは、両親の田舎がなく、そちらの遠風景の経験がない子供が増えていることも背景にあるのかもしれません。

そして何よりも、ただ観光地を巡るだけの一方的な修学旅行より、体験しながら愉しむ双方向型の体験ツアーは一般の旅行でも人気となっているのと同様、その人気は高いようです。
これも修学旅行先で人々とのふれあいが、人間関係を深めていくきっかけになれば、これだけでも人間形成の発展途上である子どもたちのとって、とても貴重な体験となり得るようです。

    お勧めWEBインフォメーション

  • 個人の実力に合わせて適切なレッスンプログラムを組んでもらえて、通いやすい都内にありながらしっかりと確実にゴルフの腕を磨くことができるインドアゴルフのスクールを探しているなら、一人一人がプロゴルファーとして実績を持っていて、高い指導力があるレッスンプロが多数在籍しているので少しずつでも確実に上達していきたいと考えている方にはお勧めです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 旅行好きが教える、旅の心得 All Rights Reserved.